前へ
次へ

葬儀マナーとして合掌は大切

葬儀マナーとして大切になってくるのが、両方の手のひらを胸の前で合わせる合掌です。
もともとインドの敬礼作法だったものが仏教として広まり、礼拝の作法として日本でも定着しました。
仏教は右手が仏の世界で、左手がすべての生活を示すものだとされています。
左手と右手を合わせる形になる合掌は、仏とあらゆる命が一体となるため成仏を意味すると言われています。
さらに、合掌することは左右対になっているものがひとつになることを意味します。
そのため、調和をしたり相手を敬い礼を尽くすという意味も含まれておりとても重要な葬儀マナーとなります。
合掌は、手の位置など作法が大切になってきます。
基本的な作法としては、指と指の間をしっかり閉じた状態で左右の手のひらを胸の前でぴったり合わせます。
この際のポイントが、胸にくっつけるのではなく胸から少し離しておくことです。
このように、合掌は葬儀マナーとしてとても大切になってくるためしっかりと理解して守るようにしましょう。

Page Top