前へ
次へ

基本的な葬儀マナーとして大切な事は意外と多い

葬儀マナーで大切なことは、基本的に故人の良い一面を強調して、話をすることです。
葬儀場は故人につながりのある人がほとんどで、話している内容はすべて共有されるからです。
ビジネスの面でのつながりがある場合は特に、話す内容はきちんと気を使い、良い一面を強調したほうが賢明です。
また、人は正しさの基準などが違うことがほとんどですから、後あと問題や意見の大きな食い違いなどが起こらないように、そして人間関係が円満に保てるように、人の良い一面を強調しておくことは、悪いことではありません。
葬儀の席だと特に今後も強いつながりの続く人たちが多いため、話す内容や人間関係は、きっちりとケアしておくことが大切になってきます。
また話し声は、なるべく普段より小さめで、さらに少し低いトーンで話すことが、一般的な葬儀マナーとなります。
あまり大声で明るいイメージだと、場違いになってしまう可能性もありますから、時と場合に合わせて話し方も変えるほうが良い場合も多いです。

Page Top