前へ
次へ

恥ではない葬儀マナーを知ろう

葬儀の後も引き続き供養しなければ、仏様も哀しむことになります。
分かってはいても、葬儀マナーとして知るきっかけがあまり無いのが、「法事・法要」でしょう。
一般会葬者も、葬儀・告別式に参列するものの、その後の供養には参列しません。
親族や近親者での集まりになります。
何回忌まで行うものなのか、意外と知らないという方も少なからずいるでしょう。
意味も種類も解説してくれる、それら準備には葬儀マナーを熟知するコンシェルジュが関与(支援)してくれることを知っているでしょうか。
しかも、相談は無料という葬儀社もあるほどで、アフターサポートチームが発足、手配からマナーについてのアドバイス、そして法要の手伝いや手続き代行まで請け負うことさえある葬儀社も存在します。
頼もしさから注目されています。
もちろん、葬儀も菩提寺があるでしょうから、依頼をするならばまずはそちらへ、無いのならば葬儀社に相談することで、お寺を紹介してくれることもありますから、着々と段取りが進みます。

Page Top