前へ
次へ

葬儀マナーに適している服装

葬儀マナーとして、まず大切になってくるのが服装です。
服装に関しては明確な葬儀マナーがあるわけではなく、『故人への哀悼の意を表す』ことが大切です。
遺族でなければ通夜や告別式も地味な服装で参列をしても大丈夫です。
お通夜の際は地味ものであれば、喪服を着る必要はありません。
喪服とは、遺族と近親者が喪に服していることを示すものなので遺族側が着用することが一般的です。
もちろん、一般の参列者も喪服があればそれを着てもらうのが一番良いのですが必ずそうしなければいけないわけではありません。
平服を着ていく際の注意点として、男性は地味なスーツと黒のネクタイに黒の靴と黒色のもので統一するようにしましょう。
女性の場合も 、地味なスーツかワンピースに黒の靴が一般的です。
アクセサリーは、弔事の際はつけてこない方が良いですがパールのネックレスやブローチなどはつけても構いません。
平服を着る際は、男女ともに派手にならないように注意をする必要があります。

Page Top