前へ
次へ

香典の葬儀マナーについて

葬儀マナーとして大切になってくるのが、香典をつつむ袱紗です。
不祝儀袋の表書きは宗教によって異なり、仏式は「御香典」「御香料」・神式は「御神前」「御玉串料」「御榊料」・キリスト教式は「御花料」「御ミサ料」と記入します。
どの宗教に入っているのか確認してから表書きを書くのも良いですし、もしもわからない場合は「御霊前」と書くことをおすすめします。
ただし、蓮の花の入っているものは仏式のみとなるため注意が必要です。
表書きは、楷書にしてフルネームで名前を書きます。
香典の額は故人との関係性によって異なり、故人が勤務先社員の家族であれば3000円、友人や知人・勤務先の上司や同僚は5000円、親類は10000円が一般的な金額とされています。
これはあくまで一例となるため、故人との関係や社会的地位などを考慮した額を支払うのがふさわしいと考えられます。
このように、香典は葬儀マナーとして非常に大切になってくるのでしっかりとマナーを守りましょう。

Page Top